1958年に発表された『薔薇と海賊』は同年に文学座が初演、三島由紀夫自身がこの舞台を涙を流しつつ観て...