こんな時代だからこそ、聴き続けたい音楽がある。昭和から平成を経て令和を迎えても、不変のメンバーが紡ぐ...