無性に絶品の炒飯を腹一杯にがっつりと食べたいと思う時がありませんか? そういう僕のもその一人で、そう...