本書はいわゆる犯罪小説に分類されるのだろうが、意外なことに「美しい」という言葉が繰り返し使われている...