ある朝、電話が鳴った。「〇〇さんをご存じですか」と親しい人の名前を挙げる。「知り合いですが…。どうか...