アイロニーに満ちたタイトルだ。日本の近現代文学史の鮮やかな見取り図を提示した本書に、著者は一つの仕掛...