平安時代の歌人で名随筆家でもあった清少納言は、『枕草子』でウグイスにけちをつけている。鳴き声や姿、顔...