文・西田彩花家庭がうまくいっていないときに頼られて…「今まで自分のことを一途な人間だと思っていました...