文・塚田牧夫自分の理想を押し付けてしまう「以前は付き合ってもすぐに別れてしまうことが多かったです。今...