近年、読んでいてこんなに腹が立った本はないだろう。著者に対して? 内容に対して? いや、本書の主人公...