初任校の小佐々中で、生徒がうれしそうに話していたのを思い出し、詠んだという。〈望(もち)の日は漁師の...
提供:長崎新聞