演奏中の杵屋弥佶はひっきりなしに糸巻を触っている。絹糸が伸びて微細に変化する音が気になるのだ。「立て...
提供元:西日本新聞