“手だれの技”という日本語が素直に浮かぶ、クリント・イーストウッドならではの作品。老いてなお、質の高...