下帯姿の男性が体をぶつけ合うなどして無病息災を願う「裸踊り」が14日、京都市伏見区の法界寺であった。寒空の下、上半身裸の男性や子どもたちが仏への帰依を意味する「頂礼(ちょうらい)」の掛け声を連呼し、踊...
提供元:京都新聞