※鹿島臨海鉄道から水戸駅へのアプローチ老人の冷水、というか爺の鼻水。きったねえ、と自分でもウンザリしますが、新年早々の鉄道旅、写真はほぼ予定通り撮れました。残念ながら後半の二日は廃人状態で写真は撮れず...