国内随一の漆の産地岩手県二戸市が、市内の農家に遊休農地を利用した漆の苗木の植樹を呼び掛けている。漆が採取できるまで約15年育てると、市が1本2000円程度で買い取る仕組みだ。耕作放棄地の拡大防止策とし...
提供元:河北新報