児童文学作家の三田村信行さんのファンタジーに「おとうさんがいっぱい」がある。物語は、ある土曜日の夕方、トシオ君がおとうさんから電話を受けるところから始まる。 電話の声は間違いなくおとうさんで、「友だち...