福島県須賀川市で10日夜、420年以上続く伝統行事「松明(たいまつ)あかし」が行われた。大勢の見物客が勇壮な火柱に見入った。 午後6時半、太鼓の音とともに長さ約10メートル、重さ約3トンの「大松明」に...
ニュース提供:河北新報