外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案は13日の衆院本会議で審議入りする。景気回復や少子高齢化を背景に人手不足感は高止まりしており、改正案を評価する声も多いが、「解決につながらない」と...
ニュース提供:西日本新聞